テクスト研究学会

Japan Society of Text Studies

HOME

テクスト研究学会のご案内

ようこそ、テクスト研究学会ホームページへ。2001年に創立された本会は、文学・言語学・哲学・美学・思想などの多角的な視点から、テクストの諸相について総合的に研究することを目的としています。


  
テクスト研究学会からのお知らせ (2021年6月3日更新)

●修正した『テクスト研究』執筆規定と論文のテンプレートを、アップロードしました。

★研究発表をご希望の方へ
 発表時間は20分、質疑応答10分、一人の持ち時間は30分です。2021年度の申込は、530日(日)(必着)で、4件の申込をいただきました。第21回大会のプログラムは、6月下旬にアップロードする予定です。

●第21回大会は、2021年8月27日(金)に京都女子大学(京都市東山区今熊野北日吉町35)で開催する予定です。大会にご参加のほど、よろしくお願いします。

●第21回大会では、アイルランドの至宝『ケルズの書』の精神と魅力について、ご講演を伺います。
 講師は、萩原美佐枝氏(『ケルズの書―復元模写及び色彩と図像の考察』の著者)。
〔講演要旨:『ケルズの書』は、AD800年前後にアイルランドで製作された聖書で、ヒエロニムスの訳したラテン語の使徒行伝。美しい色彩で描かれた装飾ページには非常に不思議なデザインが随所に見られ、古くから注目されている。模写をして解った「秘められた謎」についてお話します。〕 

●研究紀要18号の原稿募集中です
 投稿論文の締め切りは、2021年9月末日です。英文学・英語学のみならず、広義のテクストの研究に関する論考であれば、本紀要の対象となります。ぜひ多くのご投稿をお待ちしています。詳細は「投稿要領・規定」をご覧ください。なお、第21回までの大会で発表することが、投稿条件の一つになっています。

★研究紀要の投稿方法
 9月末日必着で学会事務局(textstudies1(数字の1) [at mark] 2525.zaq.jp)に電子メールで、添付ファイルとして送付。締切りに遅れた論文は、当該号の審査対象とはしない。メール本体には、氏名・所属・現住所・自宅電話番号などを明記すること。  
※投稿論文は、HP記載の規定を熟読し、指定書式に合致させること。

●『テクスト研究』(第17号、2021)までを、ホームページにアップロードしております。


本部 及び 事務局 
    〒573-1001
    大阪府枚方市中宮東之町16−1 
    関西外大 本館10F 吉村耕治研究室内
    e-mail: textstudies1[at mark]2525.zaq.jp
    ※スパム防止のために、アドレスを一部変えて表記しています。
     お手数ですが、[at mark]の部分を@に変えてください。
  
●テクスト研究学会公式ホームページ
 管理・運営 熊本県立大学准教授 田中和也
(連絡先 textstudies [at mark] gmail.com)

inserted by FC2 system